1970年代ミルブロ・TRUフライ8’6”#5〜6メール 
 

ミルブロは当時のかなり大きな釣具総合販売会社でカタログから見るとフライから海までのあらゆる商品を取り扱っていた英国・スコットランドのメーカー。

当時は未だソリッド・グラスが一般的なロッドに多用された時代なので、チューブラー・グラス・モデルのこの“TRUフライ・シリーズ”は下記のミルブロのカタログ(年代不明)にも掲載されており当時としてはデラックスなモデルに分類されています。このロッドの年代は1960年代の終りから1970年代の初めではないかと推測しています。

 

このモデルは”F82”とロッドに記載されている事から2種類ある8’6”の内のライト・モデルになります。ラインは古い時代の表示のHEHを当時のカタログでは推奨しています。アルファベットで表記されたラインを現在に換算するとDT5になり当店の振った印象と合致します。#5をメインに#4〜5で#6にも対応できる万能モデルです。

8’6”はロング・ロッドに属しますが、9’に比べるとアクションがシャープで重量も軽くなる為大変使いやすいモデルです。渓流・中流・本流・中小湖水域と幅広い釣り場でのドライからウエットまで楽しむ事が出来ます。

 

多くのグラスロッド創成期のモデルはバンブー・ロッドの職人たちの手によって作られているので大変丁寧で味わい深いロッドが多いのが特徴です。仕様に付いては、トップとストリッピングはブラウン・メノウ・ガイドが付いています、他のガイドもバンブー時代のオープン・フレーム・タイプがセットされています。 フェルールもブラス・フェルールが使用されていて、グラス素材ながらまさにバンブー・ロッドの作りです。

アクションは新しい時代の幕開けを告げるグラス素材を使いながらバンブー・ロッドの再現を目指していたのでかなりパラボリックで、これが現在のフライ・フィッシャマンを引き付ける要因にもなっています。グラス・ロッドと言うよりバンブー・ロッドのアクションをイメージすると良いかもしれません。

ロッド重量約150グラム、グリップの全長は約20.5cm。ブラウン・カラーのダウン・ロック・シートの全長は約11.5cm。グリップ上端部のロッドの外径は約11.5mm、トップ・ガイド下の外径は2.4mmです。トップとストリッピングはメノウ(人造メノウかもしれませんが)が使用されており、他はオープン・フレーム・タイプです。ガイドには錆などはみられません。

使用頻度がかなり少なくグラスのアンテイーク・ロッドとしてはかなり状態が良好です。オーナーの使用頻度の少ない事からラバー製のフェルール・キャップが付属しています。メーカーのオリジナル布ケース付、2ピース1テイップ・モデル。尚、年代等は仕様などからの類推ですので正確なものではありません。ブランクに大きな目立つような傷等は見られません。オリジナル布ケース付。当店お問い合わせ番号SA940。グレードは\19,800(税別\18,000)

大変良好の状態の為オリジナルのロッドです。当店ではレストアーを行っておりません。

コルク・グリップの状態はかなり良好です、欠落や凹みなどは見られません。

 
バンブー・ロッドの意匠で作られた初期のグラス・ロッドらしい重厚なブロンズ・カラーのリール・シートが付いています。フットの長い多くのアンテイーク・リールでも一般的にご使用になれます。フェルールにもがたつきを抑えるラバー・リングがセットされて居る事からもバンブーを作る職人たちの技術が注入されている事が類推できます。

ロゴ・マークのラベルも全てが綺麗な状態で残っています。

ブランクには目立つような傷は見られません。ラッピング・スレッドの断裂や塗装面の剥離も無いようです。全てのガイドの光沢も残っていて錆などは見られません。使用頻度の少ない事が推測されます。ストリッピングガイドはアンバー・カラーのメノウと推測されます。

 

フェルールは確りと差し込み固定されます。トップ・ガイドはストリッピングと揃いのメノウの可能性が高いと思われます。全体的に当時としては若干高級なパーツ類が取り付けられています。使用頻度少なく丁寧に使用された事がオリジナルのラバー・フェルール・キャップが付いている事から推定できます。

 
01/31/2021

トップへ

Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.
 
 
 

 

 

ダブル・ビルド