ダブル・ビルド

1960年代・ウオーカー・バンプトン・サーモン&シートラウト・10‘6”・#6〜7メール

ハーデイのある英国北部の町アーニックには幾つかの釣具のメーカー、販売会社がありました。その中でも、1921〜1968年までアーニックのメーカーとして活躍したウオーカー・バンプトンは特に多くのハーデイ製と極めて似たロッド等を製造・販売していた事で知られています。第二次世界大戦以前営業していたハーデイと同じ町でフライ用品の仕事をしていた所謂アーニック・フィシング・トレーダーの一つです。

同じアーニック・フィシング・トレーダーではデイングリーのリール、ステファンソンやJAウオーカーのロッド等は知られていますが、パーツ類・雰囲気・丁寧な作りなどはハーデイとの類似性を強く感じさせます。アーニックにあったパーツ・メーカーやブランクのメーカーなどとの何らかの関連が有ったのではないかと推測しています。

英国のアンテイーク・ロッドでは幾つかのメーカーで11フィート前後のライト・スペイ・ロッドをシー・トラウト・ロッドと呼称して居る例があります。一つのカテゴリーとしてこのようなモデルの愛好者の人が居たと思われます。このロッドもまさにその例です。時折シングルでも楽しめる軽快で取り回しの容易なロング・ロッドとして当店でも人気の高い仕様の一つです。

このモデルはエクステンションが取り外し式なのでより汎用性が高いロッドです。通常のロッドの長さは10’6”(実際には10’7”)、エクステンションを取り付けると11フィート(実際には11’2”)となります。下図のようにエクステンションをねじ込んだ場合のグリップ先端からラバー・エンドまでの全長は約55cmです。ロング・バンブー・ロッドに慣れた方ならシングルでのご使用時にも問題無くキャステイングをお楽しみいただけるでしょう。

ロッド自重300グラム、グリップ先端部のブランクの対面外径は約10mm、トップ・ガイド下の対面外径は約2mmです。適合ラインは#6〜7で#8にも対応できるでしょう、DTなら#5での使用が可能と推定しています。このデリケートなアクションなら広い渓流でのドライでのヤマメやイワナの釣りも楽しめます。一般的には中流から本流、中小止水域での大型魚を状況に応じてシングルやダブルで楽しむ事が出来る多目的の万能ロッドと言えます。

フェルールはハーデイと類似したロック・ファースト・タイプ、バットとトップのメノウ・ガイドはハーデイと同じ古い時代のクリヤー・メノウ・タイプです。ハーデイと同じロック・ファースト・フェルールが付いている事や極めて似たリール・シート、ガイド・ラッピングの最後の二重巻き等から外観は極めてハーデイに類似した高い完成度のロッドです。

スレッドの巻き直しやショートが見られないほぼオリジナルの状態を保ったモデル、その上にエクストラ・テイップが付いているのでこれからも長くご使用になれるロッドです。オリジナル布ケース付き、3ピース、2テイップ。フェルール・キャップも付いているので丁寧な使用が推定されます。エクステンション付き。当店お問い合わせ番号SA979。グレードは  ¥40,700(税別¥37,000)

英国の前のオーナーによりロフェルールとガイド・ラッピング部の防水上塗りが行われています。当店では今後の使用を考慮して1本のテイップの6か所程のインター・ミデイエット部分の微小な擦れ跡の防水上塗りと軽微な曲がり直しを行いました。

一体式のコルク部のエンド・キャップ金具迄の長さは33cm。シングルでの使用が可能ですが、この状態でもシート下端部にスペースがあるので容易にシングルとダブルを自由に行えます。フェルールは凝った作りのスパイク付きロック・ファースト・フェルールが付いています。シングル・ハンドでの使用が出来るような仕様になっています。シートは軽快なリング・タイプ。

ラバー・エンドを取り外すと長さ約20cmのエクステンションを確りとねじ込む事が出来ます。ラバー・エンドはエクステンションの下端部に取り付ける事が出来ます。シートはリング式なので古い時代のブラス・フット付タイプのリールも殆どが取り付ける事が出来るでしょう。
飾り巻やインター・ミデイエット・ラップにも切断やほつれ、巻き直しは見られません。一人のオーナーの愛用ロッドであった事が推測されます。

ストリッピング・ガイドは古い時代のハーデイに似た幅広フレームに収まった豪華なメノウ・ガイド。ガイドに目立つような錆や汚れは見れらません。ブランクにも大きな傷や接着、塗装の剥離は見られません。前のオーナーが防水上塗りを行ったので、上塗り前のフェルール部のラッピングの小さな塗装面のラインが見えます。

スレッドはオリジナル状態を保った良好なアンテイークの状態です。他のガイドはハーデイと同じブリッジ・リング・ガイドが付いています。

フェルールに目立つようながたつきなどは見られません、しっかりと固定されています。全体の状態やフェルール・キャップが残っている事を考えると一人のオーナーが使用したと推定されます。

トップ・ガイドはストリッピングと同じクリヤー・カラー。

12月19日・サイトに掲載後の2月上旬、ロッドを繋いて抜く折にA点のミドル・オス・フェルールと付属エクステンション・コルクのB点が本体から抜けました。A点は接着してスレッドを巻き直してました。B点は右側部分のコルクだけが綺麗に抜けたので再接着しました。レストアー個所は殆ど目立たない上に使用上支障はありません。
02/09/2022

トップへ

Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.