1960年代後期・ブルース&ウオーカー・グラス・サーモン・ロッド・コルドン・ブルー13’3”・#8〜10 メール

1959年Jim BruceがKen Walkerと出会って英国で最初のグラス・ロッドを制作したことが現在の“ブルース&ウオーカー”の始まりです。バンブーからグラスやカーボンへとフライ・ロッドの素材が大きく変革する時代と共に歩んだメーカーと言えます。サーモン・ロッドやトーナメント・ロッドなどが良く知られているように、バンブーのしがらみがないだけに新しい素材に付いての知識が斬新でもありました。ダブル・ハンドの本場でデザインされた遠投力やバランスのとれたアクションには、英国のみならず日本にも多くのファンがいます。特にこの”コルドン・ブルー”はご存知の方が多いい人気のグラス・サーモン・ロッドです。年代等は当店の推測です。

このモデルはブルース&ウオーカーの特徴が顕著に表れる大きなキャステイング・パワーを持ったグラス・サーモン・ロッドです。グラス・ダブル・ハンドとしてはハーデイより少しパワフルに感じます。それでもグラスの特徴である柔らかさと魚とのファイトを存分に楽しめるデリケートな部分も感じられます。近年グラス・ロッドの人気が大きく高まり、多くのグラス・ロッドの入手が難しくなっています。

ロッド重量約400グラム、ロッドを振ると、キャステイング能力を重視したデザインが生み出す大きなトルクを伴なったパワーを感じられると思います。ロング・ロッドに慣れた方になら優れたデザインが持ち重りを防いでくれるので重たいとは感じないと思います。遠投を存分に楽しみ、魚とのファイトも長い時間楽しめるグラス・ロッドの長所をお楽しみいただけるでしょう。 グリップのラバーエンド下端までの全長は約68センチ、最大外径約27mm。グリップ上端部近辺のブランクの外径約17.5ミリ、トップ・ガイド下のブランク外径約3.8ミリです。

製造年代によってやスピゴット・フェルール差込具合でロッドの全長に若干の差があります。このモデルの実際の全長は13’5”程になります。データでは13’3”と記載されています。

スペイの本場である英国の伝統的ロッド・アクションに慣れていない方でも、このロッドならすぐに馴染める現代的なデザインのロッドです。尚、年代等は仕様などからの類推ですので正確なものではありません。 使用頻度はアンテイークのダブル・ハンド・ロッドとしてはそれ程多くないようです、状態はかなり良好と言えるでしょう。

3ピース、1テイップのサーモン・ロッドです。フェルールは1ピースに似たデリケートなアクションに仕上げられるスピゴット・フェルール。綺麗な状態のオリジナル布ケース付き。フェルール・キャップが2個付いています。当店お問い合わせ番号SA994。グレードは説明: http://www.sasanofly.com/antiqueimg/logo_antique/stars/3stars.gif 説明: http://www.sasanofly.com/img/zeikomi.gif\37,400(税別\34,000)

実施したレストアーブランクの傷、ラッピング部分の塗装面の剥離やひび割れ、スレッドの切断等が殆ど見られない状態なのでレストアーの必要性が認められませんでした。オリジナル状態のままです。

コルク・グリップにも目立つほどの欠落などは見られない良好な状態です。丈夫のグリップ部の長さは約36cm、シート部約12cm、下部コルクのラバー・エンド下端までの長さは約19cm。

シートは大型のダウン・ロック・スクリュー・シート、フットの長いアンテイーク・リールも固定できます。シート上端部にブラック・シート部分を延長するように長さ13mm程のシルバーのリングが付いています。理由は不明ですがアンテイーク・リールのとてつもない長いフットを取り付ける為かと推測しています(特注の可能性も含めて、ハンド・ビルドで作られるこのロッド・メーカーで付けられたと推測しています)。スクリューを上端迄移動すると、上下のフット挿入部を除いて約85mmのスペースが出来ます(形状にもよりますが片側のフットを入れてからなら100mm程度のフット迄固定できると可能性が推測されます)。

”8ー10”のラインウエイト、”Cordon Blue”のロッド名を含めて全てのオリジナルのロゴ・マークが綺麗に残っています。一人のオーナーによって丁寧に使用されたことが推測されます。

 
ガイドとフェルールのラッピング部分にはひび割れや剥離が見られません。オリジナルの状態です。ガイドは全てオープン・フレーム・タイプです。

各フェルールの差し込み具合は正常で緩みやがたつき等は見られません。

下端部を揃えて撮影しました。綺麗な状態のフェルール・キャップが付いています、この一人のオーナーが丁寧に使用したことが推測出来ます。

 

 

 

スピゴット・フェルールについて:スピゴット・フェルールは極端に強すぎる力で差し込むと抜けなくなる恐れがあります。抜けない程度の程々の差込でご使用になりながら、様子を見て力加減を判断してください。

スピゴット・フェルールはアクションを損なわない継ぎ方としての利点がありますが、長いご使用でオスのフェルール素材が磨耗する場合があります。その分を考慮して最初から隙間を取ってあります。長年の使用でその隙間が無くなった場合はオス・フェルールに塗装を行って調整をしますが、その場合馴染むまでかなり隙間が広くなりますが暫くして10〜20ミリ程度になりますので様子を見ながらご使用ください。あまりきつい場合はワックス等を塗ってみてください、差込がスムースになります。


01/22/2022
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.